Twitterはこちら お問い合わせはこちら

【Cyberpunk 2077】ゲーム設定画面(PS4版)まとめ

ゲーム制作の参考用に「Cyberpunk 2077」の設定画面について、自分の気付ける範囲でまとめました。PS4版です。

スポンサーリンク

設定画面動画

【Cyberpunk 2077】設定画面

設定共通動作

  • 方向キーを押し続けるとその方向の最後まで自動で移動する。
  • ボタンを押し続けることで項目をループして移動し続ける。
  • 「はい」「いいえ」といった選択肢は表示されず、押すボタンで選択させる。
  • アナログスティック操作時は、四角いカーソルが動く。
  • 方向キー操作時は、アクティブな項目に上記カーソルが表示される。

サウンド

ダイナミックアレンジ

  1. プリセット:スタジオモニター/ヘッドフォン/テレビスピーカー/スモールスピーカー/低ブースト/高ブースト(デフォルト”スタジオモニター”)

もし分からない用語があれば、以下の記事が参考になると思います。

音量

  1. マスター:0~100の21段階(デフォルト”100″)
  2. 効果音:0~100の21段階(デフォルト”100″)
  3. 会話:0~100の21段階(デフォルト”100″)
  4. BGM:0~100の21段階(デフォルト”100″)
  5. カーラジオ:0~100の21段階(デフォルト”100″)

数字は0~100までありますが、5ずつ変化するため、最大21段階となっています。

効果音や会話などを調整する際、どの程度の音量なのかサンプルが聞こえいないので、この画面のみで調整しづらいのが面倒に感じます。

他のジャンルで見かけないような、カーラジオの設定があります。

その他

  1. 発見音をミュート:オフ/オン(デフォルト”オフ”)
  2. 著作権保護楽曲の無効化:オフ/オン(デフォルト”オフ”)

自分が知る限り「著作権保護楽曲の無効化」はゲームで初めて実装された機能です。

ゲーム配信が一般化してきているため、こういった機能は今後他のゲームでも採用されていくんでしょうね。

字幕

  1. シネマ:オフ/オン(デフォルト”オン”)
  2. オーバーヘッド:オフ/オン(デフォルト”オン”)
  3. テキストサイズ:32/42/52/62/72/82(デフォルト”52″)
  4. 背景の透明度:0~100の11段階(デフォルト”30″)

字幕のオン/オフ設定は問題ないのですが、テキストサイズや背景の透明度設定なんかは、どんな見た目になるのか分からないと調整し辛いですね。サンプルとか表示してくれれば助かるのですが。

余談ですがオーバーヘッドは、テレビモニターで見ても小さく読みづらいので、シネマの字幕に統一した方が、よかったのでは?という気がしています。表示する意味があまりない気がして💦

デフォルトに戻す確認

各セクション毎にデフォルトに戻す事が出来るようになっている。決定/キャンセルの部分が半透明になっていたり、メニューに埋もれてしまっているので、後ろに黒フィルターはさむなど、ポップアップウィンドウを見やすくする工夫が欲しかった。

ボタン設定

各ボタンの操作内容を確認できる画面。コントローラーの操作方法の変更は行えません。

PC版では、キーボード&マウスの操作は変更可能なようです。

ガンマ補正

  1. ガンマ値:0.50~2の151段階(デフォルト”1″)

この画面は、デフォルトに戻す設定がありません。

操作

  1. コントローラーの振動:0~100の11段階(デフォルト”100″)
  2. アウターデッドゾーン:0.50~1の51段階(デフォルト”0.90″)
  3. インナーデッドゾーン:0~0.49の50段階(デフォルト”0.05″)

一人称視点カメラ(コントローラー)

  1. 水平感度:1~100の100段階(デフォルト”13″)
  2. 水平軸反転:オフ/オン(デフォルト”オフ”)
  3. 垂直感度:1~100の100段階(デフォルト”10″)
  4. 垂直軸反転:オフ/オン(デフォルト”オフ”)
  5. ズーム時の感度:0~2の41段階(デフォルト”1″)
  6. 詳細オプションを表示:オフ/オン(デフォルト”オフ”)

詳細オプション

  1. レスポンス曲線:推奨/ダイレクト/センシティブ/ダイナミック(デフォルト”推奨”)
  2. 水平回転アシスト:0~3の31段階(デフォルト”1.50″)
  3. 上下回転アシスト:0~3の31段階(デフォルト”0.30″)
  4. 回転アシストの適用時間:0~1の11段階(デフォルト”0.30″)
  5. 回転ディレイ:0~1の11段階(デフォルト”0.30″)
  6. 水平回転(ADS):0~2の21段階(デフォルト”1.50″)
  7. 上下回転アシスト(ADS):0~2の21段階(デフォルト”0″)
  8. 回転アシストの適用時間(ADS):0~1の11段階(デフォルト”0.30″)
  9. 回転ディレイ(ADS):0~1の11段階(デフォルト”0)

三人称視点カメラ(コントローラー)

  1. 水平感度:1~100の100段階(デフォルト”10″)
  2. 水平軸反転:オフ/オン(デフォルト”オフ”)
  3. 垂直感度:1~100の100段階(デフォルト”10″)
  4. 垂直軸反転:オフ/オン(デフォルト”オフ”)
  5. レスポンス曲線:推奨/ダイレクト/センシティブ/ダイナミック(デフォルト”推奨”)

ゲームプレイ

アクセシビリティ

  1. エイムアシスト:オフ/軽/標準(デフォルト”標準”)
  2. ターゲットスナップ:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  3. エイムアシスト-近接戦:オフ/軽/標準(デフォルト”標準”)
  4. 追加のカメラモーション:オフ/軽減/フル(デフォルト”フル”)
  5. エイム中の揺れ:武器/カメラ(デフォルト”武器”)

ターゲットスナップは、エイムアシストがオフになると、必要なくなるため項目が消える。

運転時カメラ

  1. 三人称視点時の高さ:低/高(デフォルト”低”)

その他

  1. チュートリアル:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  2. 会話のスキップ:セリフをスキップ/まとめてスキップ(デフォルト”セリフをスキップ”)
  3. 分析許可:オン/オフ(デフォルト”オフ”)
  4. フォトモード有効:オン/オフ(デフォルト”オン”)

グラフィック

ベーシック

  1. フィルムグレイン:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  2. 色収差:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  3. 被写界深度:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  4. レンズフレア:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  5. モーションブラー:オン/オフ(デフォルト”オン”)

ビデオ

  1. HDRモード:なし(デフォルト”なし”)

HDR対応モニター未所持のため、対応モニター接続時の項目は不明です。

言語

  1. 音声:日本語/英語(デフォルト”日本語”)
  2. 字幕:日本語/英語(デフォルト”日本語”)
  3. インターフェース:日本語/英語(デフォルト”日本語”)

設定が変更されると画面下に「リセット」「適用」の項目が表示される。

通常のインストールでは、英語音声はインストールされておらず、変更時に改めてインストールが必要となっている。

インターフェース

  1. 色覚サポート:オフ/第1/第2/第3(デフォルト”オフ”)
  2. ダメージ値モード:オフ/個別/累積/両方(デフォルト”オフ”)
  3. ダメージ値常時表示:なし/個別/累積/両方(デフォルト”なし”)
  4. ヒットマーカー:オン/オフ(デフォルト”オン”)
  5. 脅威/ダメージマーカー:オン/オフ/ダメージのみ(デフォルト”オフ”)

きっと翻訳の問題だと思うのですが、「ダメージ値常時表示」のみ「オフ」ではなく、「なし」なのが気になる。

HUD表示

  1. ミニマップ:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  2. HPバー:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  3. スタミナと酸素:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  4. ボスのHPバー:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  5. 背景チャット:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  6. 弾数カウンター:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  7. ヒント:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  8. アクションボタン:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  9. アクティビティログ:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  10. クロスヘア:オフ/オフ(デフォルト”オン”)
  11. ジョブ追跡:オフ/オフ(デフォルト”オン”)

まとめてみて

以上、Cyberpunk 2077の設定画面についてまとめみました。

最近の設定画面は、項目が多すぎて、快適なプレイ環境に調整するだけで疲れてきそうですね。

あと、細かくいじっていて気になったのですが、同じ見た目なのに、項目によって数字や段階がバラバラなのが、少し気になりました。

きっと開発側としては、適正な設定値を用意しているのだと思うのですが・・・

――っとまぁ、いろいろ書きましたが、ゲーム本編は楽しく遊ばせてもらっているので、クリアまで頑張りたいと思います!

読んで頂き、ありがとうございました。

🗨️ COMMENT